歯を失くした場合に行われるインプラント治療

インプラント治療は、歯を失くした場合に有効的な治療法です。比較的まだ新しい治療法で、従来の入れ歯やブリッジによる処置と比べると、噛む力や見た目が自分の歯と遜色ないというメリットがあります。ここではインプラント治療について詳しく見ていきましょう。

歯を失くしてしまう原因BEST3

インプラント
no.1

むし歯を放置してしまう

歯を失くしてしまう原因として一番多い原因がむし歯です。むし歯は治療を受けず放置していると、悪化の一途を辿ります。ある程度まで悪化してしまったむし歯に対しては、どんな名医でも最終的に抜歯するしか対応策がなくなってしまうので、歯を失くしてしまう原因となります。

no.2

歯周病の進行

歯を失くしてしまう原因として、むし歯と共に多いのが歯周病です。インプラントを行なう人のなかにも歯周病で歯を失った人が多数いらっしゃいます。歯周病は歯茎に炎症を起こします。さらに歯周病が進行すると歯を支えている骨が溶かされて、歯が抜けてしまうことがあります。歯周病にならないためには、日頃の正しいデンタルケアが重要です。

no.3

外的要因による歯の破折

歯を失くしてしまう原因としてむし歯や歯周病より比率は下がりますが、破折によって歯を失くしてしまうケースもあります。破折の主な原因は、外的要因による衝撃です。一度、破折してしまった歯は、どんな名医でも修復困難なので、なるべく破折しないように気をつけましょう。

インプラントをするかどうかは慎重に判断を

インプラントは大掛かりな治療故、するかどうかの判断は慎重にしましょう。決断する前にインプラント治療のメリットとデメリットも医師からしっかり説明してもらうことも大切です。不明な点があったら、後々のトラブルを避けるためにも必ず質問をして、不明点は解消しておきましょう。

入れ歯とインプラントの違いを比較

見た目の違い

入れ歯とインプラントでは審美性、いわゆる見た目がだいぶ違います。インプラントは見た目が自然で美しく、まるで自分の歯のような仕上がりになります。一方、入れ歯は金属部分が目立ってしまうことがあり、インプラントと比べて見た目で劣ります。

咀嚼力の違い

咀嚼力とは噛む力のことです。インプラントのほうが咀嚼力も上回ります。自分の歯とほぼ変わらない咀嚼力です。入れ歯だとどうしても自分の歯と比べると咀嚼力は落ちます。

虫歯から歯を失くすことも!インプラント治療を名医にお願いしよう

インプラント

外科手術が伴うインプラントは口コミ評価の高い名医に任せる

インプラント治療は外科手術を伴う比較的、大掛かりな治療法です。費用も一般的な歯科治療と比べて高額です。基本的にやり直しができる治療法ではありません。間違いがないように、インプラント治療をするときは事前の情報収集をしっかりおこないましょう。具体的には、インターネットなどで病院や医師の口コミを調べるのがオススメです。口コミ評価の高い名医に依頼できれば、かなり安心してインプラント治療をお願いすることができます。逆に口コミ評価が極端に低い病院や医師は、たとえ治療費が安くても避けたほうが安全です。インプラント治療は、信頼できる名医に依頼しましょう。

横浜駅西口歯科

最寄り駅から徒歩3分の好立地☆横浜で歯医者さんを探しているならサイトをクリック!

医療法人スワン会

安全性に配慮した施術を実施してくれます。名古屋駅の近くにあるインビザライン治療の専門医院!